節約・投資

危険なイメージのFX、どんなリスクがある?みんなの勝率は?

こんにちは、こーじんです。

 

突然ですが、みなさんは投資という言葉を聞いてどんなものを思い浮かべますか?

またはどんな投資に興味があるでしょうか。

株・投資信託・不動産etc…いろいろありますよね。

 

私の周辺でも30歳を過ぎた頃から、資産運用の話題がちらほら出てくるようになりました。

給料だけでは満足できない、将来が不安だ…とか理由は人それぞれでしょうが、安全性とリターンを天秤にかけつつ、自己資金を少しでも効率的に増やしたいと考える人はとても多いです。

とはいえ何らかの投資を行っている人でも中身を詳しく聞いてみると、大多数はメジャーな株や節税も期待できるつみたてNISAやiDeCoなどの制度ばかり。

一方、私がFXをやっていることに対する周囲の反応は冷ややかなものです。。。

過去にFXとは全く別の投資で2,000万円溶かしただけに、「あーこいつまたヤバイのに手を出してるよ」と心のため息が聞こえてきます。

友達だと思ってた人から注がれるギャンブル依存症を見るような哀れみの視線が痛い(>人<;)

 

ただ周囲からどんな目で見られようとも、私が今誰かに「オススメの投資は何か?」と聞かれたら間違いなくFXだと答えるでしょう。

FXといえばとにかくハイリスク・ハイリターンな印象を持たれがちですが、やり方次第では比較的安定的に利益を出していくことが可能です。

特に投資初心者の人、また投資に興味があるけどあまり自己資金に余裕がない人でも実は始めやすい取引なのでわかりやすく説明していきますね。

 

FXってどんな取引?

そもそもFXがどんな取引をいうのか、特徴から見ていきましょう。

簡単に言えば異なる2種類の通貨(円やドルなど)を売買する取引なのですが、利益を出す方法は2種類あります。

①売買によって為替差益で稼ぐ方法

→Aという通貨を買って値上がりしたら売る。

→Bという通貨を売って値下がりしたら買う。

②2つの通貨の金利差を利用してスワップポイントを受け取る。

FXの稼ぎ方①:為替差益を利用する。

円高・円安という言葉は耳にしたことがありますよね。

ずっと国内にいるとあまり意識することもないですが、通貨の対外的な価値は毎日秒単位で動いています。

この為替の値動きを利用して買う時と売る時の差益で稼ぐのがオーソドックスな手段です。

100円で買った物を110円で売ると差額の10円が利益ですよね。

また「買う」だけでなく「売る」から始めることができるのもFXのユニークな特徴です。

そもそも持っていないのになぜ売りから入れるの?と疑問に思うかもしれませんが、細かいことは気にしないでください。笑

上がるか下がるかを予想して、どちらでも利益を出すチャンスがある取引だと覚えておけば十分です。

 

FXの稼ぎ方②:スワップポイント(金利)がもらえる。

 

「日本で銀行預金をしてもほとんど利息がつかないから外貨預金がおすすめですよ」なんて話を聞いたことがありませんか?

日本円が数十年前まで高金利だったように、海外には預けているだけで3%とか…中には10%以上の金利がつく通貨はまだまだあります。

その2国間の金利差を利用して、高金利な通貨を保有していると毎営業日スワップポイントという金利を受け取ることができます。

一般的に外貨建ての預金や保険よりもFXのほうが取引手数料が安いこともあり、スワップポイント狙いで参加しているトレーダーも数多くいるのが実情です。

株でいう配当みたいなものですかね。

ただしスワップポイントは必ずしももらえるばかりではなく、高金利通貨を売りポジションで保有していると、逆に支払い続けることになるので気をつけましょう。

また通貨の金利は情勢によって変動していきますし、FX会社ごとに付与されるスワップポイントにかなりの差があるので慎重に検討する必要があります。

 

ちなみに私の場合このスワップポイントをもらいつつ、チャンスがあれば為替差益も取っていく手法で取引をしています。

 

レバレッジを活かすと少ない資金で始められる。

投資が全くの初めてだと、いきなり大金を運用するのは怖いですよね。

またまだ数百万〜数千万円もの資金はないけれど、投資に興味のある人もいるかと思います。

そんな人でも比較的スタートしやすいのがFXの特徴です。

その理由は2つあって、

1つ目は取引対象が通貨だということ。

例えば米ドルだと1ドル=約100円、メキシコペソに至っては1ペソ=約5円です。

FX業者によっては100通貨〜・1,000通貨〜など最低額を設定している会社もありますが、なかには1通貨単位から取引可能な会社も存在します。

仮に1,000通貨でも1,000米ドル=約10万円なのでさほど高額ではありませんよね。

☆少ない通貨単位で取引できる代表的なFX会社☆

・SBI FXトレード・・・1通貨単位〜、ドル/円なら5円でOK

・マネーパートナーズ・・・100通貨単位〜、ドル/円なら440円でOK

 

そして2つ目の理由はレバレッジを活かせる点です。

普通100万円の物を買うなら100万円の資金が必要ですよね。

ところがFXの場合、最大25倍までレバレッジ(てこの原理)をかけることで1/25の資金で100万円分の取引が可能になるんです。

 

極論100万円の取引をわずか4万円の資金でできてしまう計算です。

このレバレッジを最大限に活かすことで、為替差益もスワップポイント運用で得られる利回りも最大25倍にすることができます。

ただこのレバレッジこそFXがハイリスクと言われる最大の理由なので、取引に使う通貨ペアやトレード手法によって適切なリスク管理がかなり重要です。

・FX初心者はとにかく低レバレッジ(3倍程度まで)から始めるのがオススメ。

・少額&スワップポイント狙いでコツコツ稼ぎ、相場感などイメージが掴めてきたら好みに応じて積極的にトレードも取り入れていくと良い。

 

FXが危険だと言われる理由。

白状しておきますと実は私、FXを始めたばかりで右も左もわからない頃、初月にして口座に用意していた資金20万円を全て溶かした苦い思い出があります。

というとやっぱりFXってヤバイ取引なんじゃ…と引かれてしまいそうですが。。。

どんな投資でもそれなりのリスクは絶対にあります。

投資に失敗する人のほとんどの原因は知識不足で無謀な勝負に出るか、欲の出し過ぎです。

私の敗因はその両方でした。。。笑

FXで痛い思いをしないために、FXで注意すべきリスクを紹介していきましょう。

 

FXのリスク①:レバレッジのかけ過ぎ

FXの大きな特徴でありメリットであると同時にデメリットでもあるのが前述のレバレッジです。

上手く利用すれば効率的に運用できる反面、悪い時は損失も倍増するいわば諸刃の剣的存在です。

「FXで全財産を失った!」という人のほぼ100%がこのレバレッジを使って取引しています。

私自身が20万円を溶かし尽くした際も、原因は間違いなくレバレッジと相場の急変動でした。

FXの特徴でもあるレバレッジを最大限にかけて、たった20万円の資金で1,000万円近くのお金を動かしていたのだから、今思い返せば当然の結果ですよね。

 

 

実は10年ほど前まではレバレッジも最大50倍までかけることができ、FXは今以上にギャンブラー御用達の時代でした。

要はリスクもリターンも50倍…わずか4,000円の損失で20万円が吹き飛ぶ計算ですから恐ろしいですよね。

運用損失(含み損)が準備資金を上回るとロスカットという強制決済が行われ、退場もしくは負債を背負う可能性まであるんです。

※ロスカットのルールについてはFX会社によって様々です。

今でこそ規制が厳しくなりレバレッジは25倍までとなっていますが、25倍なんて素人が扱うにはリスクが高過ぎるので絶対にやめましょう。

このレバレッジの仕組みを理解しておかないと想定以上に損失が膨らんでしまう可能性があります。

事前にシミュレーションできるツールもあるので、自己資金に応じていくらまでなら安全に運用できるのか確認しておきましょう。

FXのリスク②:損切りできずに損失が膨らむ

ロスカットとまではいかなくとも、適切なところで損切りできない人はFXで大きな損失を出す可能性が高いです。

自分の持つポジションが含み損を抱えることは投資をしていれば絶対に起こります。

しかし、「もう少し待てば上がるかもしれない」と根拠なくホールドし続けていると、損失はますます広がることも。

人間誰しも損失を受け入れるのは嫌なもの。

ですが何%下がったら諦める、逆に何%増えたら利益確定する…など感情ではなくルールを決めてトレードすることが非常に重要です。

もちろん株や仮想通貨の取引でも同じことが言えるのですが、FXはレバレッジがある分マイナスが広がる時もあっという間です。

24時間相場が動き続けている世界ですから、眠っている時間帯に急な変動で取り返しのつかないほど損失が膨らむことも。

 

スワップポイントを狙って運用するなら多少の含み損を抱え続けた状態も仕方ないですが、低レバレッジでの運用を心がける必要があります。

 

FXのリスク③:詐欺商材に騙される。

FXはリスクをとって上手くいけばお金を何倍にも増やすことが可能な反面、失敗して大損する可能性もある投資です。

そして単なるギャンブルではないゆえ、勝ち続けている人にはしっかりとした知識・経験の裏付けがあります。

月利10%のハイスコアを叩き出している人だって、過去には何度も苦労しているはずです。

ところがFXを始める人の中には、最初から楽してプロと同じ成果を出したいと夢を見ている人が少なからずいますよね。

すると他人の心につけ入るように怪しい売買ツールや情報商材を販売して詐欺を働く人間が現れます。

誰でも簡単に億万長者になれるツールなんてありません。

中には多少まともな商材を扱っている業者も存在するでしょうが、FX初心者には見分けがつきませんし、十中八九は詐欺だと思ったほうがいいです。

 

FXで利益を出している人はどれくらい?

ところで一攫千金・人生破滅するなど極端なイメージの強いFXですが、実際にトレードしている人の実態って気になりますよね。

本当に多くの人が噂通り失敗しているのでしょうか?

ここで2018年の金融先物業協会が実施したFXの実態調査をご紹介しますね。

 

年齢性別を問わず行った1,000人への聞き取り結果によると、金額にかかわらず直近1年間で利益を出せているのは全体の約6割。

基本は為替がどちらに動くかの2択なので、当然といえば当然の結果ですよね。

一方で50万円以上の損失を出してしまったのは約5%。

現実のトレーダーは比較的リスクを抑えながら堅実にトレードしている人が多いようですね。

もちろん毎年利益を出し続けるとなると難易度は上がりますが、じっくりと勉強しながらコツを掴んでいけばいいのです。

 

FXで失敗しないためのポイントをまとめると

・レバレッジを上げすぎない(初心者は2〜3倍まで)。

・あらかじめ決済ライン(利益確定・損切り)を決めて取引する。

・最初は余剰資金で少額投資からスタート、負けを取り戻そうとムリな勝負はしない。

FXはルールを決めてやれば大損したり、借金を背負うリスクのほとんどない投資です。

私自身も過去の失敗を活かし、今では毎月コツコツと利益を出すことができています。

これからもFXに関する情報発信や自分なりの成功・失敗体験を共有していくので楽しみにしていてください。