節約・投資

【FX初心者向け 】メキシコペソで安定利益を目指すオススメ投資法

こんにちは、こーじんです。

 

今回は誰でも簡単に成果が出せるFXの投資方法について軽くお話ししてみようと思います。

「おいおい、FXなんて全員が稼げるわけないだろ」とお叱りを受けそうですが、もちろん必勝法なんてものはありません。

また「億り人」になれるとか1ヶ月で2倍に増やせるとか夢のような話でもありませんので、一攫千金狙いの方には向きません。

 

あくまで初心者だけど副業程度に月数万円〜でもコツコツ稼いでみたいくらいの人に向けた投資法です。

一攫千金とは言わないけれど、年率30-40%くらい増やせたら納得!という方は参考にしてほしいです。

・興味はあるけど難しそう。

・どんな通貨ペアがいいの?

・エントリー(新規注文)のタイミングがわからない。

そもそもFXって通貨ペア・FX業者・レバレッジetc…選択肢が多すぎて何がベストかなんてわからないですよね。

私もわかりません。笑

ただ最善策かどうかは別として、私はシンプルなルールを決め、それを徹底することで実際に1年で1.5倍くらいに資産を増やせています。

深い知識や経験がなくてもです。

ですので私と同じやり方をすれば、誰でも似たような運用成果を出せるはずです。

もちろん「FXコンサル」とか「自動売買ツール」みたいな怪しい商材を売り付けたりもしないので、安心してくださいね。笑

扱う通貨ペアは「安い・高金利・安定」の3拍子揃ったメキシコペソ円です。

ではさっそく始めましょう。

 

負けなければ勝てるのがFXです。

「FXは負けさえしなければ勝てる投資です」

はい、いま当たり前すぎるだろ!と思いましたよね。

もちろんFXは勝つか負けるか2つに1つです。

ではFXの負けとは一体何でしょうか?

それは想定以上に損失が大きくなりポジションをロスカットされることです。

ロスカットさえ受けなければ、多少の含み損は全く問題ありません。

(あくまで私の持論ですが…)

逆に言えばリスク管理を徹底し、強制退場されず相場に残り続けることがFXで勝つための条件です。

FXではよく利益確定と損切りラインを決めておくのが鉄則だと言われますが、私の投資法に損切りラインは存在しません。

なぜなら含み損を抱えたポジションにも大きな価値があるからです。

このあたりは後ほど詳しくご説明しますね。

 

売買×スワップ金利で着実に利益を積むコツコツ投資

では具体的に私が実践している投資法について話をしていきましょう。

そもそもFXで利益を出す方法は次の2つしかありません。

①売買で為替差益を稼ぐ。

②通貨間の金利差を活かしてスワップ金利を受け取る。

1つは安く買って高く売るなど、為替の動きで利益を出す方法。

月利10%とか高い利益を出す投資家さんは皆この売買をメインに稼いでる人たちです。

勝てない時はスパッと損切りして、勝負どころではきっちり稼いでいるイメージです。

そして2つめは取引する通貨ペアの金利差を稼ぐ方法。

こちらは高金利通過を保有してさえいれば毎日スワップ金利がついてくるので、ほったらかしでも少しずつ利益が積み上がっていきます。

銀行で外貨預金を始めるくらいなら、FXでスワップ金利を狙ったほうがよっぽど高利回りが目指せます。

 

 

私の投資法ではこの売買とスワップ金利の両方をバランスよく組み合わせていきます。

利益の内訳でいうと売買:スワップ=5:1くらいでしょうか。

この数字を見ると売買で稼ぐのは難しそう…と不安になるかもしれませんが、全く心配ありませんよ。

誰がやってもほぼ同じ結果が出せるようになっているので、初心者もベテランも関係なく利益がついてきます。

 

トレードは少額でも利益を確定させること。

FXのトレードが上手くいかない原因として次の2つが大きいのではないでしょうか?

・チャート分析ができなくてエントリーのタイミングがつかめない。

・欲を出しすぎて利益確定や損切りが遅れる。

ろくに情報分析もせずに自分の願望を根拠にエントリーしてもFXは全く上手くいきません。

仮に勝てたとしてもマグレなのでやり続ければ勝率は5割止まり…額で言えば損失のほうが大きくなるでしょう。

なぜなら利益が最大値のタイミングで売り抜けるのは至難の技ですし、逆に人が損切りするのは損失が広がって耐えられなくなったところだからです。

 

そこで私が安定して勝つためにしているのは3つのルールを忠実に守ることです。

① 注文は買いポジションのみ、1回の注文は10,000通貨単位で行う。

② 1pips上がったら利益確定、逆に0.5pips下がるたびに追加注文。

③レバレッジが3.5倍に達したら追加注文はストップ。

急に見慣れない単位が出てきましたが、pipsとはFXでの値幅の単位です。

メキシコペソ/円でいうと1ペソ5.000円から5.001円への変動が0.1pipsとなります。

①②については自己資金に応じて調整しましょう。

ざっくり言うと少額注文と決済を何度も繰り返し、少しずつ利益を積み上げていく作戦です。

文字だけではイメージしにくいので、実際の取引画面を見ていきましょう。

画面に10,000通貨の買いポジションが並んでいるのがわかるでしょうか。

10,000通貨で1pips上昇すると決済なので1回100円の利益です。

あくまで平均ですが私のルールで売買すると、1ヶ月に200〜250回ほど決済のタイミングがあります。

チャートで説明すると、レートが青い数字のラインに達すると利益確定です。

つまりこのラインの数だけポジションを持っていることになります。

一方、下がるごとに追加注文、逆に少しでも上がったものは利益確定がルールなので、保有ポジションは基本的に含み損を抱えることになります。

慣れるまでは正直、精神衛生上あまり気持ちのいいものではありません。

そこはまず覚悟してください。笑

損切りはしない、含み損のポジションが利益を生む。

ここまで紹介した投資法を読んで、

「これって相場の下落が続いたら損するだけじゃない?」と疑問を持たれる方もいるのではないでしょうか。

もちろん一定のレンジ内で値動きが続いてくれるのが最も利益が出やすいことは間違いありません。

ですが仮に期待に反して下がったとしてもご安心ください。

まずはある程度の急落でもロスカットされないよう、私はレバレッジを3.5倍までと定めています。

(将来的に口座資産が増えてくれば3倍までと、より厳しく設定したほうが無難だと考えています)

そしてロスカットさえなければ、保有の買いポジションは毎日スワップ金利を運んできてくれます。

メキシコペソ円では10,000通貨あたり毎日6円前後のスワップ金利がついてくるので、トレードしなくても収益が発生します(2021年8月末時点)

上の赤い数字が評価損益、その下の白い数字がスワップ金利の累計を表しています。

(当初はザツな設定だったので、1注文の通貨量が多めです…笑)

このようにポジションが評価損になったとしても、持ち続ければスワップ金利が評価損を上回ることは十分可能です。

 

ここまでをまとめると、

・レンジ相場…売買チャンスが増、収益安定

・トレンド相場(上昇)…利益確定が増、ポジション数が減、スワップ金利が減

・トレンド相場(下落)…含み損が増、ポジション数が増、スワップ金利が増

このようにどの局面でも決済・スワップ金利いずれかの収益はついてくるので、極端な下落によるロスカットさえ気をつけていれば運用は安定します。

大事なのは過去のデータから、扱う通貨ペアがどれくらいのレンジ幅で変動しそうかを予想することです。

・狭い範囲で多くのポジションを持てば、上手くハマれば決済益が取りやすい。

・広い範囲で網を張っていれば、利益は減るが為替変動に対応しやすい。

利益と安定とのバランスを考慮した運用を心がけましょう。

 

FXメキシコペソ投資のよくある疑問・質問。

さて、ここまで私が実践しているFXのメキシコペソ運用について大まかに紹介してみました。

とはいえまだFX未経験の人には不安な点や疑問も多いかと思います。

そこで私の投資法についてよくある質問にQ&A形式でお答えしていきます。

Q1:FXってずっと相場を気にしていないとダメなの?

仕事が忙しくて取引に集中できないんだけれど。。。

A1:忙しい人でも大丈夫です。

FX業者の取引ツールにはレートがいくらになったら注文・いくらになったら決済と予約する機能があるので、設定さえすればチャートと睨めっこする必要はありません。

私の場合、毎朝の注文設定と決済できたポジションの再注文設定とで、1日にFXと関わる時間は10分以内です。

もしもその10分さえ惜しい人には、最初の設定だけであとは放置でOKのFX業者があるのでご心配なく。

 

Q2:なぜメキシコペソ円なの?他の通貨ペアではダメ?

A2:どの通貨ペアでもかまいませんが、高金利通貨でないと下落時にスワップ金利の恩恵を受けにくくなります。

その中で比較的安定したレンジ相場になりやすいのがメキシコペソ円のペアです。

また少ない証拠金で取引できるため、資金効率がよくなります。

 

Q3:デメリットはないの?

A3:決済回数の量で利益を稼ぐため、利益に対する手数料率は高くなります。

なので上昇トレンドの相場では通常のトレードより成果が下がります。

そもそもトレンドが読めれば必要ない投資法です。

またどうしても含み損が発生する投資法なので、資産が増えたと実感するまでに3-6ヶ月程度の我慢が必要です。

長期運用するほど利益が大きくなりやすい仕組みなので、短期間で大幅な下落時に辞める場合、トータルで損失が大きくなる可能性が高いです。

 

Q4:始めるにはどれくらいの資金が必要?

A4:最低でも30万円は用意してほしい。

とにかく何本もの網を張って仕掛ける投資法なので30万円でレバレッジ4倍だと、20〜25本が限度。

これだと簡単に想定レンジを外れてスワップ金利だけの期間が長くなります。

スワップ金利だけでも収益は出ますが、売買での利益がやはり大きいです。

経験上、50〜60万円あればかなり安定します。

 

Q5:FX業者はたくさんあるけど、どこでもいいの?

A5:メキシコペソ円を扱っていればどのFX業者でも大丈夫です。

選ぶ基準としてはスワップ金利スプレッド(為替コスト)、また保有中のポジションから発生するスワップ金利を未決済で受け取れるか否かも私は重視しています。

上記3点を総合的に判断して、私はセントラル短資FXが合っていたのでずっと使っています。

ただ完全にほったらかし投資をご希望ならマネースクエアのトラリピがおすすめです。

いかがでしょうか?

他にも何か不明な点があればお気軽に問い合わせいただけると、お答えできますよ。

最後にFXをスタートするタイミングをお悩みの方がいるかもしれませんね。

はっきり言って押し売りでも何でもなく、今が始めるにはちょうどいいです。

なぜなら、昨年2020年はコロナや原油安で暴落したメキシコペソも、2020年末ごろから回復し、政策金利も少しずつ上がり始めています。

かなり安定したレンジ相場ができているため、じっくりと腰を据えてやるには適したタイミングです。

またあくまで長期運用を前提とした投資法なので、早く始めて時間を見方につけるのが結果としてプラスになるのではないでしょうか。

この記事がFXに興味がある人の参考になれば幸いです。

ではまた次の記事でお会いしましょうヽ(≧▽≦)ノ