節約・投資

その買い方損してない?楽天市場のもっと賢いポイント還元術

こんにちは、こーじんです。

 

みなさん普段ネットショッピングってよく利用されていますか?

有名どころを挙げるとアマゾン・楽天市場・ヤフーショッピングなど、きっと誰でも一度は使ったことがあるんじゃないでしょうか。

一度便利さを知ってしまうとつい何でもネットで済ませてしまいますよね。

便利すぎて毎月のカード支払いに悲鳴を上げているのは私だけじゃないはず。。。

 

そんなネットショッピングですが魅力はやはり価格や便利さはもちろんのこと、ポイント還元の恩恵も馬鹿にはできません。

いや、むしろ私を含め特に楽天ユーザーはポイント命!みたいなところありますよね(笑

スーパーセールに狙いを合わせ、物欲を一気に開放し、ポイント還元で心が満たされる中毒症状は毎月の恒例行事。

10店舗回りきれた時には「あ〜今月もいい買い物ができた」と達成感に近い喜びがありますよね。

 

ところでみなさんは楽天で買い物する時、SPUやスーパーセール、その他楽天内のキャンペーンだけで満足していませんか?

他にまだ何があるの?と疑問に思った方はラッキーです。

まだまだ活用していないポイントアップのチャンスがあるかもしれません。

今回はそんなポイントに振り回される同志たちに、もっとお得にショッピングを楽しむためのポイント還元術をお伝えしたいと思います。

ちなみに楽天市場だけでなく幅広いECサイトで活用できる方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

楽天市場はポイント2重取りが可能!

みなさんは楽天市場にたくさんの提携サイトがあることをご存知でしょうか。

誰かが楽天市場の商品をネット上で紹介し、そのリンクから販売が成立すれば紹介者に手数料が発生するアフィリエイトの仕組みは有名ですよね。

ただ自分のサイトから自分で購入する自己アフィリエイトは認められておらず、現実的ではありません。

そこでオススメなのがポイントサイトを経由してショッピングを行う方法です。

そもそもポイントサイトとは?って方もいると思うので詳しく解説していきますね。

ポイントサイトとは?

わかりやすくいうとショッピングやミニゲーム、簡単なアンケートなど様々なミッションを達成することでポイントがもらえるサイトの総称です。

貯まったポイントは現金や電子マネーなどに換えることができるので別名お小遣いサイトなんて呼ばれることもあります。

登録は無料で参加条件は一切なく、誰でも簡単にお小遣い稼ぎができるのが人気の理由です。

楽天市場でお買い物をする際にもこのポイントサイトを経由して購入することで、サイト独自のポイント還元が受けられる訳なんです。

仕組みとしては

①ポイントサイトが楽天の広告を掲載する。

②ユーザーが広告を経由して買い物をする。

③ポイントサイトに楽天から成果報酬が支払われる。

④ポイントサイトからユーザーに一部利益が還元される。

といった流れです。

ポイント還元率はサイトにもよりますが0.5〜1%としているところが多いです。

楽天アフィリエイト本体の手数料率が2〜8%なのでかなり落ちますが、自己購入でも還元されることを考えると十分ではないでしょうか。

 

おすすめのポイントサイトは「ポイントインカム」

ポイントサイトって調べてもらえばわかるんですが、けっこうたくさんあります。

私自身もいくつかのサイトを渡り歩いてきましたが個人的に使いやすいのが「ポイントインカム」。

 

楽天市場での買い物時に経由するだけで+1%の還元があり、さらに2種類のボーナス組み合わせると最大1.1%まで増やすことができるんです。

それが会員ステータスと曜日ボーナスです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

①会員ステータス

ポイントインカムでは買い物や広告利用などで獲得したポイントの累計額に応じ、会員ランクが上がっていく仕組みが用意されています。

そしてランクに応じて得られるボーナスポイントもどんどん増えていくのが特徴です。

ちなみに10p=1円が基本レート。

このランク制度は他にもいくつかのポイントサイトで採用されていますが、累計ポイントで評価されるのはポイントインカムだけ。

他サイトでは直近6ヶ月間の買い物回数や獲得ポイントで判定されるため、苦労してランクアップしても油断していると一般会員落ちなんてことも。

一方ポイントインカムでは、一度ランクアップすれば永久に下がることはないんです。

 

そのうえ一見ハードルが高そうなプラチナランクも、実は簡単に到達することができるんです。

最高ランクであるプラチナ会員に必要なのは100,000p。

これを楽天市場だけで獲得しようとすれば必要な買い物金額はなんと100万円。

まあ無理ですよね。

でも安心してください。

・ネット銀行の口座開設・・・12,000p

・年会費無料のクレジットカード発行・・・75,000p

・無料スマホアプリのダウンロード&プレイ・・・21,000p

といった具合で手軽に高額ポイントを獲得できる広告案件も多数用意されています。

私自身もこれらの広告を利用して1ヶ月でプラチナランクに昇格することができました。

あとは気ままに買い物を楽しむだけです。

広告案件は苦手…という人も、そもそも1%ポイント還元があるだけでも十分お得なので使ってみる価値はあると思いますよ。

 

②曜日ボーナス

ポイントインカムの2つ目のボーナスが曜日ボーナスです。

ショッピングなら土・日曜日、広告などのサービスなら水曜日に申し込みをすることで会員ランクに関わらず誰でも+3%のボーナスポイントが付与されます。

そのため前述のプラチナ会員がこの曜日ボーナスを活用すれば、

基本ポイント1%+ランクボーナス0.07%+曜日ボーナス0.03%で最大1.1%のお買い物ポイントを受け取ることができますよね。

もちろん楽天市場では

・5と0のつく日の最大5倍デー

・勝ったら倍キャンペーン(最大4倍)

といった特定の倍率アップデーがあるので優先順位はやや下がりますが、もし運良く使えるタイミングが重なればかなりお得感がありますよね!

 

楽天市場との相性が抜群!

幅広いショッピングサイトにも対応しているのがポイントインカムの強みですが、特に楽天市場との相性は非常に優秀です。

その理由は以下の通り。

・楽天市場アプリとの併用が可能。

・楽天ポイントで支払った額もポイント対象になる。

・楽天トラベル、ふるさと納税などもポイント対象になる。

まずポイントサイト側の注意事項に「アプリ経由での購入はポイント対象外」と書かれているのですが、実際には問題なくポイント加算されています。

手順としては

①ポイントインカムから楽天市場の広告リンクより移動する。

②目的の商品ページを検索や履歴から表示する。

※あらかじめ買い物カゴに入れていると対象外になるので注意。

③商品ページ内の【楽天市場アプリで購入する】を選択、アプリを開く。

④購入手続きに進む。

⑤購入完了から1〜2日後、ステータスが【ポイント承認待ち】状態になる。

⑥さらに2〜3ヶ月後、正式にポイントが加算される。

と複雑な手続きは必要ないので安心ですよね。

また楽天市場では支払いに楽天ポイントや楽天キャッシュを充てた場合、その金額分はポイント対象外というデメリットがありますが、ポイントインカムでは全額が還元対象として計算されます。

もちろん楽天ふるさと納税や楽天トラベルなど、他の楽天系サービスにも幅広く対応しているので使わないと損でしかありません。

 

ポイントインカムの注意点

はっきり言ってお得すぎるポイントインカムですが、利用する上での注意点がいくつかあります。

デメリットというほどではないですが、後でこんなハズじゃなかったとガッカリしないためにもしっかりと確認しておきましょう。

①複数のショップを買い回るときはやや面倒に感じる。

どのポイントサイトでも同じですが、きちんとポイントを反映させるためにはサイトを経由しての購入が必須となります。

例えばポイントインカム→ショップAで買い物→ショップBで買い物→ショップCで買い物だとポイントがもらえるのはショップAのみ。

全ての買い物でポイントを獲得するのは毎回ポイントインカムを経由しなければいけないんです。

しかも購入する商品を事前に買い物カゴに入れておくのはNG。

楽天市場といえば有名なのがお買い物マラソンですが、ショップの買いまわりイベントでポイントインカムも併用する時は少し手間がかかりますね。

 

②一定期間の利用がないと強制退会させられる。

ポイントインカムで獲得したポイントには有効期限がありません。

この点は非常に魅力的ではありますが、一方で会員資格には180日以上の間利用がないと退会処分になるというルールがあります。

会員資格がなくなるとせっかく上がったランクも貯まったポイントも消滅してしまうので注意が必要です。

ただし、ここでの「利用」とはログイン実績があるかどうかに尽きるので、買い物をしなくても定期的にログインだけは忘れないように気をつけていればOKです。

 

 

貯めたポイントは使い道も豊富。

ポイントインカムの魅力はポイントの貯めやすさはもちろんのこと、その交換先についても選択肢が豊富で使い道に困ることがありません。

なんと現金・電子マネーなど30種類以上もの交換先があるんです。

ちなみに基本レートは10p=1円。

代表的なものをご紹介しますね。

○現金に交換する

現金を選んだ場合、最低5,000円(500円)以上なら何ポイント交換しても必要な手数料は固定になっています。

ただし1度の申し込みで交換できるのは200,000p分(20,000円)が最大なので、上限いっぱいで交換するのがおすすめです。

※ただしジャパンネット銀行は10,000p以上の交換で手数料無料なので、手数料を気にせずどんどん現金化していきたい人は口座を持っておくと便利ですね。

 

○電子マネーと交換する

電子マネーやギフトカードでは手数料が無料もしくは安く抑えれているものが多いのが特徴です。

中でもApp StoreやGoogle Playで使えるギフトコード・Amazonギフトコードは5,000円未満のポイントで500円分と交換もできるなど還元率がよく、使い道がはっきり決まっているならかなりお得です。

他にもTポイント、nanacoポイント、JALやANAマイル、PayPayボーナスなど幅広い交換先が用意されているのでチェックしてみてください。

 

 

まとめ:ポイントサイトでもっとお得に!

 

今回は楽天市場での買い物をさらにお得にするための方法としてポイントサイトの活用法をご紹介しました。

その中でも個人的にオススメのポイントインカムについて特徴をまとめると、

・楽天市場での買い物時に利用すると1〜1.1%のポイント還元がある。

・ポイントインカムはポイントに有効期限がなく、一度上がった会員ランクはずっと下がらない。

・貯まったポイントは現金や電子マネーなどに交換できる。

いかがだったでしょうか。

いつもの買い物にほんの一手間加えるだけで簡単にお小遣い稼ぎができる仕組みなので、試してみて損はありませんよね。

こちらから無料登録するともれなく1,000pもらえる特典付きなので、興味があれば一度詳しくのぞいてみてはいかがでしょうか。